ガチ中華も驚く『東京ひつじ食堂』で怒涛の羊づくし

吉田らむ/らむちゃんねる管理人)

あの、とんかつ専門チェーン『かつや』(を運営するグループ)が、ついに羊の世界に進出した。とことんラムにこだわったという新業態店舗は、その名も『東京ひつじ食堂』。

シン・町中華とも言うべき新たな羊勢力の勃興に、荒ぶる鼻息をマスクの下で抑えつつ、期待に胸を膨らませて向かうと、気づけば開店初日の一番乗り。

事前情報によると、メインとなる麺料理は、「白ひつじ塩そば」「黒ひつじ坦々麺」「赤ひつじ麻辣麺」の三種類。

ところが、店の前にいたスーツ姿の関係者の方にメニューチラシをもらって驚く。

(ひつじ羊ひつじ羊…)

麺類は上記3種類だけでなく、

  • ひつじ醤油そば
  • ひつじ排骨麺
  • ひつじ野菜タンメン
  • ひつじ四川麻婆麺
  • ひつじ肉味噌の麻辣混ぜ麺

ごはんものは、

  • 白ひつじ炒飯
  • 赤ひつじ炒飯
  • ひつじ魯肉飯

おつまみに、

  • 口水羊(よだれ羊)
  • 羊肉葱炒め
  • 羊肉餃子(焼き、水)
  • 羊肉回鍋肉
  • 羊肉と山芋の黒酢あん
  • 羊肉四川麻婆豆腐

と、怒涛の羊づくし。

肉味噌の肉にもラムを使用した「黒ひつじ坦々麺」や、火鍋を彷彿とさせるスープによく絡む平打ち麺の「赤ひつじ麻辣麺」も気になりましたが、今回はじっくり煮込まれた滋味あふれる「羊骨」スープをダイレクトに感じるべく「白ひつじ塩そば」を選択。


60度で3時間、低温調理されたラムチャーシューがデフォルトで2枚乗っかります。追加でチャーシュートッピングも可能。

羊好きにとって「食べやすい」は、少々寂しいワードだったりするわけですが、そこは心配無用。上品かつ、しっかりスープに羊が溶け出した濃厚な一品でした。

ラムチョップは塩味、タレ味、自家製スパイスの3種類。そのほか、煮たまごや香菜(パクチー)もトッピングできます。

ジューシーさの秘密は、250度の熱で4分半蒸す調理法とのこと。パサパサ感ゼロ。

水餃子は、肉が透けて見えるほどの薄めの皮。手作りの羊ソーセージを食べているような歯応え。

モンゴル料理のボーズや、ジョージア(旧グルジア)のヒンカリに共通する包み系羊料理はシルクロードの味わい。

大手チェーンによる「羊」の取り扱いは年々活発になってきていますが、ここまで「とことんラム」が堪能できるのは嬉しい限り。

一部のガチ中華(向こうの人が経営する中華料理店)で見られる延辺スタイルの羊肉串(ヤンロンチュアン)や、ウズベキスタンやウイグルなど中央アジアでポピュラーな麺料理ラグマンが、羊肉料理の「次の定番」として登場するのはもう時間の問題かもしれません。

怒涛の羊料理が味わえる「東京ひつじ食堂」。ごちそうさまでした。

店舗名 東京ひつじ食堂 学芸大学店
所在地 東京都目黒区鷹番2-16-18 Kビルディング1階
営業時間 11:00~23:00 (まん延防止等重点措置期間中 11:00~20:00)
席数 26席

※東急東横線「学芸大学駅」東口を出て、まっすぐ一本道をゆっくり歩いて徒歩2分。右手に見えます。